弁護士の仕事の内容とは

TOP > 弁護士の仕事の内容とは

弁護士の仕事の内容とは

弁護士とは依頼者に代わって、さまざまな法律事務を行う専門家のことです。


弁護士になるためには、一般によく知られているのが司法試験に合格するか法科大学院課程を修了し新司法試験に合格し司法修習を修了するといったものです。

このほか特殊なケースとしては最高裁判所の裁判官や大学で法律の研究を行った者、また検事を一定期間、務めたものなどが条件を満たすことでなることができます。

いずれの場合にも弁護士会に入会して登録を行うことで、はじめて弁護士と名乗ることができます。弁護士の仕事は法律事務のあらゆる揉め事に対して依頼人に代わって事務手続きをすることができます。
ただし法律には民事と刑事がありますし、民事でも単なる近隣の揉め事から大企業の法務までさまざまです。

お手軽に弁護士の無料相談関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

いずれの場合にも依頼者の利益のために弁護活動を行うのが仕事の内容になります。


刑事であればすでに発生した事案であるため、依頼者にとって有利になるのように取り計らうのが仕事です。

一方で民事の場合には、法律の専門家として、トラブルに対しての予防法やアドバイス、法的手続きをサポートすることが仕事になります。



依頼した場合にはほとんどのケースで全額費用を支払うことになりますが、刑事の場合には国選弁護制度がありますし、民事の場合には一定の条件を満たすことで民事法律扶助制度を利用することができます。

いずれの場合も最低限のサポートしか受けることができませんが、法的手続きをスムーズに行うことができ解決までの時間をはやくすることができます。



Copyright (C) 2016 弁護士の仕事の内容とは All Rights Reserved.